ブログBlog

人気のホットヨガ!ホットヨガがもたらすダイエット効果や美肌効果とは?

こんにちは!
ヨガインストラクターのMINAMIです😊

 

今日のブログのテーマは
 

人気のホットヨガ!ホットヨガがもたらすダイエット効果や美肌効果とは?

 
です☆

 

 
美容と心身の健康を保つ「ヨガ」はすでに定番となっていますが、ダイエットのためにヨガを始めたいと考えている人も多いのでは?
なかでも発汗作用のある「ホットヨガ」の人気は衰えませんよね。

ところで、ホットヨガってダイエット効果や美肌効果はあるの?

素朴な疑問について書いてみました🙌🏻

 

ヨガのポーズは全世界共通なので、ホットヨガと常温ヨガで行うポーズに変わりはありません。

ホットヨガは、通常のヨガに比べ高温多湿の環境でポーズをとります。
室内を温度38~39度、湿度60~65%程度の、筋肉が柔らかくなり、発汗作用の高まる環境の中でヨガのポーズをとっていきます。

そのため、固まった筋肉を早い段階でほぐすことができることが通常の常温のヨガとの違いです。

 

 

【ホットヨガのダイエット効果とは?】

そこで気になるのが「ダイエット効果」ですよね。
ホットヨガは高温多湿の環境で行うので、常温時に比べ筋肉が柔らかくなることにより、体の可動域が広くなり、より大きくポーズをとることができます。

筋肉が鍛えられることで脂肪燃焼しやすい身体が出来てダイエット効果に繋がる可能性があります。

また、高温多湿の環境で行うヨガは、お水を飲みながら行うことが必須です。
お水を取りながら大量の汗をかくので、老廃物が外に流れやすくなるのと同時に、脂肪を燃焼しやすい身体になります。

 

これはホットヨガでも常温スタジオでやるヨガでもいえることなのですが…
ヨガで鍛えられるのは、主に脂肪燃焼効率の高いコアマッスル(持久力のある姿勢調整筋)です。
コアマッスルを鍛えると基礎代謝を底上げすることができます。
その他、続けるごとに姿勢を正して内臓を正しい位置に修正する効果もあるので、内臓機能が活性化して消化や排泄がスムースになり、溜め込みにくい身体へと変化していきます。

 

 

【ホットヨガで美肌効果?】

たくさん汗をかくことで美肌に

ホットヨガは、高温多湿な環境でヨガのポーズをとるため、たくさん汗をかきます。
たくさん汗をかくことで血液の血行が促進され、毛穴から老廃物が排出されます。これにより、肌のターンオーバーが促進されて、よりきれいな肌に近づくことができます。

 

湿度が肌の潤いをサポート

ホットヨガは、湿度が高い環境でヨガを行うため、肌が常に潤った状態に保たれます。
特にこの60%程度の湿度は、肌に優しい湿度とされているので、美肌を目指すには効果的な環境です。
また、レッスン中は水分補給もきちんと行うので、乾燥しがちな肌にもしっかりと水分が行き渡り美肌につながります。

 

レッスン中の水分補給が便秘を解消

便秘になると、血行が悪くなることや、腸に便が長く留まることにより生じる毒素により肌荒れになると言われています。便秘は水分不足が原因で起こることが多く、水分をこまめに取ることが便秘解消には効果的です。

 

 

【より美肌効果を高めるには?】

 

ホットヨガによる美肌効果を高めるためには、レッスン前にコップ1杯の白湯を飲んで内臓を温めておくと良いでしょう。
さらにメイクをオフしてからレッスンに参加すると、毛穴がよく開やすくなりより美肌効果を高めることができます。

 
また、食事に気をつけるとより効果的です。ホットヨガの前後1~2時間は食事を避け、食事の内容も、脂っこいもではなく、タンパク質をきちんと摂取すると良いでしょう。

 

 

 
とはいえ、一回でこのような効果は得られません。
ホットヨガに期待できる効果を実感したいのであればある程度の期間は継続するようにしましょう。
 
常温のヨガもホットヨガも、即効性のあるエクササイズではありません。
時間をかけてじっくりと取り組むことで徐々に体が変化していきます。
 

「継続」することが大切ですね😊

 

ダイエットについての質問をよくいただくので、次回はヨガとダイエットについて記事を書いていこうと思います♪

 

 
 
 
Studio One代表 MINAMI

 

スタジオHP
https://sharestudioone.com/

☎︎:09031323731
LINE ID : studioone1

★レンタルスペースもやっています★

JR大塚駅 電車おりて徒歩4分👣
(南口改札から徒歩2分)
池袋からも徒歩圏内です♪
お子様やご家族とご一緒にどうぞ👧🏻👦🏻
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  • 関連記事はございません。